2017年6月14日水曜日

シャンパーニュ・ルグラ・エ・アース(Champagne Legras & Haas)。

車を使わずに行くとどうなるのだろうと
ちいさな冒険心が湧き、
ランス-エペルネ間を列車、
エペルネからは徒歩で歩き、シュイイへ。

この2か月、ランスに滞在し、
自転車で生産者をビジットしている
強者・麻衣さんと2人旅。

それぞれ別々の試飲会で
ルグラ・エ・アースを発見し、気に入り、
一緒にビジットすることにした。

熱暑の中、たくさんのトラックと車に
追い抜かれながら、歩き続けること1時間。

車だと、心にとめることもなく通り過ぎていた、
「シュイイへようこそ」の看板。
今では「着いた~!」という歓喜と安堵の思い出。
街の入口。

ルグラ・エ・アースの試飲サロン。
「歩いて来た」というと、びっくりして、
水を出してくれた。
 荷物を置いて、当主ジェロームと共に
車でぶどう畑へ。

シュイイの畑のジェローム・ルグラ。

ブドウの房がつく範囲が上下30㎝の中に納まるから、
手入れが行き届き易いんだよと。

シュイイの土壌は、バラエティに富んでいる。
石灰質が表面から20㎝下にある場所もあれば、
70㎝下の場所もある。

それぞれの土壌に合わせて畑づくりをしていて、
例えば下の写真の区画では、草を生やす列と
生やさない列を交互にして、
栄養と水はけのバランスをとっている。
向かいは、アイとモンターニュ・ド・ランス。
左側はヴァレ・ド・ラ・マルヌ。
この反対側には、コート・デ・ブランのブドウ畑が広がる。 

ジェロボアムの入ったジオ・パレット。

細部にジェロームのこだわりが見える。

1995年ヴィンテージ。非売品。未来へ伝えるため。

日本へ出荷分。インポーターは
ヴィノラム(VINORUM)さん。

「瓶のここに数字が刻印されているんだけど、
水滴を拭かないと見えないね」と。
例えば05 09 04 16は
瓶詰が2009年05月、デゴルジュマンが2016年04月の意味。
すべてのボトルに記されている。

Blanc de Blancs。

Rosé。

2011年ヴィンテージ。

最高キュヴェ、エグジジャンス(Exigence)。
この日の試飲のすべて。


帰りは、タクシーを呼んでもらおうとしたら、
ジェロームが親切にも車でエペルネまで送ってくれた。
強者失格だけど、お言葉に甘える。感謝!
徒歩だと1時間、車で7分。
オフィシャルサイトはこちら